ホーム > サポート > 技術情報 > 熱交換器の水質基準

熱交換器の水質基準

熱交換器 冷却水の水質基準
熱交換器の冷却水は下表に示す水質基準でご使用ください。

  項目 冷却水
基準値
傾向
  腐 食 スケ−ル
基準項目 Ph[25℃] 6.5〜8.2
電気伝導率[25℃](ms/m) 80以下
塩化物イオン(mgCl-/L) 200以下  
硫酸イオン(/L) 200以下  
酸消費量(pH4.8)(mgCaCO3/L) 100以下  
全硬度(mgCaCO3/L) 200以下  
カルシウム硬度(mgCaCO3/L) 150以下  
イオン状シリカ(mgSiO2/L) 50以下  
参考項目 全鉄(mgFe/L) 1.0以下
全銅(mgCu/L) 0.3以下  
硫化物イオン(mgS2-/L) 検出されないこと  
アンモニウムイオン(/L) 1.0以下  
残留塩素(mgCl/L) 0.3以下  
遊離炭酸 (mgCO2/L) 4.0以下  
安定度指数(R.S.I) 6.0〜7.0

日本冷凍空調工業会標準規格(JRA-GL-02-1994)による

注意1:

冷却水としては通常、水道水、地下水、工業用水を使用することを前提といたします。
河川、湖、池等の無処理水を使用する場合、汚染されている可能性がありますのでご注意ください。

注意2:

この基準は熱交換器の寿命延長、効率保持、または、それらの低下防止のための管理値を定めるものであり、基準値内にあっても腐食が発生する場合があります。