FPD

オイルクーラ

用途

遊動管板式なのでチューブネストの洗浄・交換が可能です。シェル側(油側)の汚れが多い場所での使用に最適です。

特長

  • 自社製高性能ローフィンチューブ使用で同サイズの他製品と比べて大きな冷却面積を実現
  • 油流量の多少に対し、各サイズとも3種類の機種選択が可能
  • 図面 (PDF)
  • 図面 (CAD)
  • カタログ
  • 取扱説明書
  • 予備品リスト

仕様

項目  
標準仕様 対応可能仕様・オプション等
タイプ 遊動管板式 -
最高使用圧力 1.0MPa -
対応流体 シェル側 一般作動油 リン酸エステル系作動油、水グリコール系作動油
  チューブ側 清水 -
冷却管 仕様 φ12.7 ローフィンチューブ -
  材質 りん脱酸銅 -
冷却面積 9〜33m2  
取り合い シェル側 Rcねじ込み式 フランジ式選択可
  チューブ側 Rcねじ込み式 フランジ式選択可

型式

  • 型式記号

型式表示例:G-FPD-518-1

 

記号 流体の種類
一般鉱物油
G 水グリコール系作動油
脂肪酸エステル系作動油
F リン酸エステル系作動油
W G仕様+F仕様
 
(1) 本体径 (2)

冷却面積(m2)

5 200A 18 9
    22 11
    26 13
    31 15.5
    35 17.5
    40 20
    44 22
    49 24.5
    54 27
6 250A 34 17
    44 22
    52 26
    58 29
    66 33
 
記号
0
1
2
 
記号 取合形状
B チューブ側:ねじ込み
シェル側:フランジ
C チューブ側:フランジ
シェル側:フランジ
※1流量区分について
基本的には下記の傾向になります。
  ・油量が多い場合は数字が小さいモデル
  ・油量が少ない場合は数字が大きいモデル
  ・600番台は取合形状「C」のみ